ブラックフォーマル・喪服のおすすめ通販サイト【翌日着可】

場面に合わせた喪服の選び方

喪服とはそもそも何なのかという基本的なことからお話をすると、
まず喪服とは「喪に服す」という意味で、黒やグレーが一般的な色とされています。
(ちなみに、喪服は「藤衣」や「喪衣」と呼ばれることもあります。)

 

また、喪服には正式な喪服と略式の喪服とがあり、
通夜や告別式、遺族か会葬者か等、
場面に合わせて着こなしを変えるのがマナーとされています。

 

なので、この記事では、各場面に合わせた着こなし方について
簡単にまとめましたので参考にしてみて下さい。

 

 

場面としては大きく分けて「仮通夜」「通夜」「葬儀・告別式」
主にこの3つに分かれますが、
まず「仮通夜」の場合は遺族・会葬者共に地味な平服で良いとされています。

 

これは、亡くなった直後に行われるものなので、
しっかり喪服を着ていくと、それは「不幸を予期していた」とされ、
かえって失礼にあたるとされているのです。

 

 

次に、「通夜」の場合についてですが、
まず遺族に関しては昔は葬儀・告別式以外は平服を着用するとされていましたが、
最近では通夜、葬儀・告別式どの場合であっても
喪服を着用するのが良いとされています。

 

会葬者に関しても、同じように昔は仮通夜と同じように平服で良いとされていたのですが、
最近は通夜でも喪服を着用するのが一般的となっています。

 

 

最後に、「葬儀・告別式」です。この場合は、もう遺族・会葬者共に喪服を着用します。

 

ただ、会葬者はあまり格式の高い喪服を着用するのは避けなければなりません。

 

あくまで、お悔やみの場に会葬者として相応しいものを着用した方がいいでしょう。

 

逆に、遺族の場合は略式にならないように注意が必要です。

 

ただ、いずれの場合であっても、これは暗黙の了解という目に見えないマナーであり、
一番気を使うべきなのは「遺族や親族の方々に対して
思いやりや弔意の気持ちを服装で表す」ということです。

 

着飾ったり、あきらかに場に不相応な格好をしなければ、
自然と場面に合わせた喪服の選び方ができるようになるかと思います。