ブラックフォーマルのよくある質問

ブラックフォーマルのよくある質問・疑問

立場によって、装いは変えるべき?
はい。最低限りの違いは必要です。

主催者の場合は一番格式の高い装いが必要です。

色は黒以外でもOK?
はい。ですが、場面に応じてマナーがあります。

基本的に、黒であれば何も問題はありませんが、場面によっては黒以外のものでもOKな場合があります。正喪服と準喪服は黒がマナーとされていますが、三回忌以降の法要や急な弔問については、ダークグレーや濃紺でもマナー違反ではありません。ただ、中に着用するシャツに関してはどんな場面でも黒がマナーとされています。

年齢によって、着こなし方は変えるべき?
いいえ。そのような区別は特にありません。

ただし、社会人一年目の人が、あまり高級なものを着用していたり、主催者よりも格式の高い装いをするのは常識的に考えてよろしくはありません。過度な装いは避けた方がいいでしょう。

アクセサリーの着用は大丈夫?
はい。過度に着飾らなければ大丈夫です。

あくまでもお悔やみの場なので、華やかな装いはマナー違反です。相手に不快感を与えてしまいます。フォーマルスーツのどこかに、ポイントとして身に付ける程度にしておきましょう。ただ、いずれにしてもあまり光沢感のあるものは避け、パールアクセサリーや黒玉などが好ましいです。結婚指はそのまま着用しても大丈夫ですが、あまり派手なものはやはり好ましくないので、外すか石を内側に向けるなどして対応するのがマナーとされています。

メイクはどの程度すればいいの?
最低限のメイクで済ませる。

当たり前ですが、過度なメイクは不要です。原色系のものは極力避けて控えめに最低限のメイクで済ませる方がいいかと思います。マニキュアも基本的にはしないのがマナーとされています。香水に関しても、周囲に迷惑がかかるような香の強いものは避けるようにしましょう。